車検後のトラブルを見越した見積もりを。

自動車や二輪車を持っている人が、3年あるいは2年ごとに受けなければならない『車検』。

車を点検し場合によっては修理を行うことで安全性を確保し、事故の危険性を減らすためには必要不可欠なこの車検には、車検の全てをプロに任せる『ディーラー車検』と、所有者自身で行う『格安車検』、そして点検や整備は自分で行い、工場で行われる検査のみ業者に行ってもらう『車検代行』の三種類があります。

この中でお金がかかるうえにトラブルが起こりやすいのは、やはりディーラー車検。
「このあいだ車検を受けたばかりなのに、車の調子が悪くなった!」なんてことになって、さらにお金がかかったという方は意外といるのではないでしょうか。

実はディーラー車検というのは、検査時にチェックが行われる場所(車検制度において、点検整備が必要とされている場所)を点検整備する場合がほとんど。
そのためそこに関わりの無い場所は手が入らずに、そのせいで車検を受けた直後にトラブルが、ということもままあるんです。

「全部やってくれるんじゃないの!?」と思うかもしれませんが、検査に関係のない場所も全部やっていたらその費用は膨大なことになってしまいます。

そのためディーラー検査を行う場合は『車検後にそういうことが起こるかもしれない』ということを考えた上で複数社に見積もりをとり、納得できる値段の会社にお願いすることをオススメします。