サイズを変えて服用することも必要

クラビットは2種類の販売形態が採用されています。

1つは250mgの錠剤として、もう1つが500mgの錠剤として販売されています。

これらの錠剤は1日に服用すべき量が決まっており、利用する際は出来る限り調整をすることとなります。

小さい物の方が調整はしやすいと思うので、最初のうちは250mgを購入した方がいいです。
どうしても小さくしなければならない時は、ピルカッター等を利用して安全にカットしてください。

適当に割って飲むというのは悪い細菌が付着して悪影響が出る可能性もあります。
安心して利用出来るようなカット方法を使い、出来る限り小さくして飲むようにすると効果的です。

クラビットは飲みすぎると副作用出やすいため、容量を守って使ってください。